こんにちはヤニックです


脱サラしてはや三年以上が経ち、ネットからの収入だけで自由気ままに毎日生きていますが。

脱サラ後、ムダに悩まないためにの準備として、闇金ウシジマくんの一巻73P~だけでも読んでおくことをオススメします


というのも


先日、ビッグトゥモローの9月号を読んだときに

ビッグトゥモロー9月号を読んで、最近のネットビジネスの動向



脱サラに関する記事で


世間の目は気にならない?


という記事がありました

会社に行かず、家にいて毎日パソコンに向かっていると、自分に対する近所のうわさが耳に入って気になるのだとか・・・


会社のストレスからは開放されたけど、今度は、近所のうわさが気になってストレスになる・・・って気の毒な話ですねホント・・・


僕の場合、そのようなストレスは微塵もありません、それは、他者との価値観を完全に切り離して考えてるからです。


他者との価値観を完全に切り離して考えるってどういう意味?


一言で言えば


他人の価値観に縛られて生きて何が楽しいの?って話です。

他人の価値観を気にするからこそ、噂話が気になるのであり、他人と自分とは、価値観がまったく違うと思えばなんのことはありません。


この話を直感的に理解するために、闇金ウシジマくんの一巻を読んでおきましょうって話ですね。



エピソードはこうです。


ある若い普通のOLがウシジマくんのところにお金を借りに来るところから話ははじまります。

独身で若いのに、もうクレカ枠はパンパン、返済するお金もなく、どうしようもないので闇金に来たというわけですが・・・


なぜ、そんなにお金が必要か問われると


女子にはグループがあり、グループからのけ者にされたら生きていけないとのこと。

グループからのけ者にされないために、高いランチや、高級合コン、海外旅行など・・・付き合いのお金が嵩むばかりか

グループで舐められないためにも、安物の衣類は着ることが出来ず・・・加えて、エステ、化粧品、美容院代・・・云々


とにかく、そのグループで生きていくために、お金が必要なのだというわけです。


「なんでそんな無理をするんですか?」というウシジマくんの問いかけはごもっともといったところですが。


平たく言えば、その若いOLは


グループの価値観に合わせて生きているわけです


自分の価値観を押し殺して、群れで生きて行くために、群れの価値観に無理やり合わせて、不自由に生きているわけですよね。

それがいかに愚かなことか、漫画を読んでる読者には伝わりますが、案外似たようなことって、自分の身の周りで起きてたりしませんか?



脱サラしたら、世間の目が気になるとか



僕は自由が欲しくて脱サラしました。
ストレスから開放されたくて脱サラしました

たしかに、時間的には自由になりました。

でも、価値観の分離をしておかないと、今度は他者の価値観に縛られてしまいます。

 

それって脱サラした意味あんの?

 

って感じですよね。

この価値観の分離が出来ていないのに脱サラしてしまうと、今度は人間関係に縛られてストレス抱えることになるので、そういう人は僕は脱サラはオススメしないです。


他人の価値観に縛られて生きることにメリットなんてありません、他人は他人、自分は自分、と切り離して考えるからこそ、本当に自由になれます。



何で稼ごうと、こっちの勝手じゃないですか

別に法律違反してるわけでもないし、決められたルールの中で稼いでいるんです、しかも税金もしっかり払っています。(僕は両隣の家よりはるかに多い税金を払っていると自負しています。)


職業に貴賎なんてありません。


法律違反でなく、他人に迷惑がかからない稼ぎ方だったら、一番稼ぎやすい方法を選択するのが合理的じゃないですか。

家にいても、旅行先でも、どこでもパソコン一台で稼げるネットビジネスはどう考えたってメリットしかありません。


リスクも低いし、初期費用も安い、副業から初めて本業へもつなげやすい。


これだけメリットがそろっているのに、世間の目を気にしてやらないってのも、理解できない価値観ですね


日本人が体質的に成功しにくい理由とは?



PS

ちなみに、漫画の若いOLが最後どうなったか・・・・

かなり悲惨な末路です。

他人の価値観に合わせて生きても、良いことが1つも無い教訓のようなエピソードですが・・・

最後の最後、彼女は全てのしがらみから解放されて自由になるんですね・・・(常人には理解できない形でですが)


常人に理解されようと、されまいと、それが彼女の価値観であり、いきがいであるなら、それはそれでいいんじゃねぇの・・・

ってのが最後、ウシジマくんの言葉です。

哲学的で、大好きなエピソードのひとつです。