こんにちはヤニックです


今回は、人生ドラクエ化マニュアルを読んでみたので、感想を書いていきます。


ちなみに僕はバリバリのドラクエ世代です、ファミコンのドラクエ1から、ドラクエ2の復活の呪文に苦しめられ、ドラクエ3を発売日に並んで買った世代です。


このような本が出ること自体、僕くらいの世代が今、会社の中堅となり、いろいろ悩み多き世代なのだろうなあ・・・と思いますよね。


ドラクエ


発行:ワニブックス
著者:JUNZO



もし、あなたがすでに人生の目標を見据え、行動をし、それをやりがいや、楽しみと感じているなら、人生ドラクエ化マニュアルの出番は全く無いです。

何をいまさら感が強く

読んでても、当たり前のことしか書いていません。


特に自己啓発系の本を読み漁ってるなら、自己啓発本書いてあることをドラクエ用語に置き換えているだけじゃん・・・ってなる・・・

夢や目標がある人ほど、自己啓発系は読んでると思うからなおさらですね


僕もこのタイプなので、正直ほとんど流し読みしましたが、知ってることばかりでした。



なので、読むと良いのは、目標もなく、ただ、平凡な毎日を消化しているだけの人に読んでもらいたいです。


夢や目標を持つことは
困難な道を歩むこになることだけど
その困難をゲームのイベントだと思えば
楽しいでしょ?


本が言おうとしてることはこれだけですごくシンプルです。
でも、シンプルなだけに、響く人には強烈に響くかもしれない。


普段自己啓発系の本を全く読まない人なら
より強烈に響く内容だと思います。



んでね

ここから先は、普段、自己啓発本を全然読まない人に向けて書いていきますけどね(読み漁ってる人はつまらない本だと思うので)

この本の一番すぐれているところは



とっつきやすさです



普段、自己啓発本を全然読まない人でも、タイトルを見れば、ドラクエ世代なら読んで見たくなるでしょ。

手にとってみたくなるでしょ?

その、手にとって見たくなるのがこの本の価値です。



で、実際読むと思うんですよ

内容が全部ドラクエだから

読みやすいし

わかりやすい

だから、その気になる


なんでも、興味を持つことって大切じゃないですか、ああこういう世界があったのかと・・・

そこから、興味が広がって、アドラー読んでみたり、7つの習慣読んでみたり、ニーチェを読んでみたりしだすわけです。

そして実際に行動を起こす人も絶対に出てくると思うんです。


きっかけって大切ですよね。



自己啓発本読み漁ってれば、自己啓発本に書いてあることをドラクエ用語に置き換た薄っぺらい本だと思う人もいるかもしれないけど。

この本で、確実に人生変わったって人も何人かいると思いますよ。


読む人によって本の価値って変わると思うので

僕は30代、40代の男性で、人生がつまらなくて、自己啓発本を読んだことがなくて、ドラクエが好きな人にはぜひ読んでもらいたいです。




でね

中にはね、本を読むことで自分が変わっちゃいそうで怖いな・・とか




夢や目標なんて暑苦しい、だるい、必要無い!!





って人もいると思うんですよ。


夢や目標が持てないなら、無理して持つ必要ないし、夢や目標がある人のほうが、人生充実してるとか、頑張ってる・・・って世間の風潮、僕は嫌いです。



一番大切なのは


主体的に生きること


だと思うんですよ。



主体的に生きることとは、死ぬ瞬間に後悔がなければいい、ってことです。

自分の人生を自分らしく生きられたならそれでOKってことです、夢や目標は自分の人生に必要ないというのならそれでも全然問題ないです、


後悔しなければね。



でも、主体的に生きようとすると、敵は出てくる。

夢や目標は自分の人生に必要ない、という意志で生きていても、世間の風潮がそれを許さない、敵となって現れる。



じゃあその敵をどうする?

ゲームの敵だと思って楽しめばいいじゃん!!



あれ、これって人生ドラクエ化マニュアルに書いてあったこと・・・



つまり、この本は、これまで自己啓発本を読んだことなくて、死ぬときに、我が人生に一片の悔いなし!!って死にたい人には読んでもらいたい本です。



価値観って人それぞれなんで、夢や目標を持つことを押し付けるつもりは無いです。


主体的に自分の人生を自分らしく生きる


大切なのはそこだと思うんです。

自分らしく生きようとすると、とたんに敵が現れる、まるでドラクエのようにね。



敵が出るというのなら

倒し方を覚えればいいだけです。



ゲーム好きならこの本もおすすめです

日本テレビゲーム産業史に学ぶ、負け組みと勝ち組の分かれ目とは?




PS


僕は脱サラして何年か立ちますが


脱サラする前はいろいろな敵に襲われました。

不安
世間体
社会的立場
ドリームキラー

何をするにも、自分らしく生きようと思うと敵は出てくるものです、敵の倒し方をしっておくだけでも、幾分、自分らしく生きるのが楽になりますよ。



脱サラに関するよくある質問はここにまとめてあるので
脱サラしたい方は読んでおいてください
↓↓↓↓
脱サラに関する7つの質問、まとめ