こんにちはヤニックです


ネットビジネス業界や情報商材業界って
たえず詐欺的な話がありますが。
無料オファーに関しては特にその手の話は多いですね。


ナッツアフィリエイトセンター 評判、危険、詐欺
川島アフィリエイトセンター未払い、詐欺


とかで検索すればその手の情報はたくさん出てきます。


きっと、無料オファーは初心者でも稼ぎやすい
初心者を騙すのに売ってつけなんでしょうね。

少し前の話ですけどね、僕も以前
ナッツアフィリエイトセンター詐欺の件で被害を受けました

被害総額8万円これは訴えるべきか?


事の詳細を話すとですね

ナッツアフィリエイトセンターは当時
1件1000円の無料オファーを実施してました。


無料オファーってのはメルマガを紹介して
1件登録してくれたら1000円あげるよというものです

無料のメルマガに登録してもらうだけで
1000円ももらえるんですから
若かりしころの僕は飛びつきましたよね(笑)


まぁ、飛びついたのは他にたっくさんいたんですが。
たしか合計で8万円くらい成約取ったのかな?
あとは成約が確定して振り込まれるのを待つだけ・・・







一向に振り込まれない
というか、そもそも確定もしない

ああ・・これは怪しいですね
で、ネット検索してみたら、案の定
ナッツアフィリエイトセンター詐欺
ナッツアフィリエイトセンター騙された
など、大荒れでした・・・


まいったなぁ・・・どうしよっかな~


中には、ナッツアフィリエイトセンターを
訴える会みたいなグループが出来てて
頑張ってる人たちもいましたが。
(頑張る気持ちはわかりますかれらは何十万と成約を取ってたわけですし)


僕は8万円、まぁ確かに惜しいけど
どうっすかなぁ・・・

冷静になって天秤にかけてみよう


詐欺に合うとついつい感情的になって
取り戻すぞ!!
やっつけるぞ!!
ってなっちゃうと思うんですけど

これトレードと同じで
人間って感情的になっちゃうと
理論的で合理的な決断って
できなくなっちゃうんですよ。

トレードは感情的になればなるほど
理論的に考えておかしなことをしちゃいます
塩漬けとか
戦略もなくナンピン繰り返すとか


詐欺に合えば
そりゃ悔しいけど
悔しいってなってる時点で感情的になってるんで


一度冷静に考えてみて、詐欺を立証する労力と時間とお金と
被害額を諦めるお金
どっちが得かって、一回天秤にかけてみる必要はあります。


僕の場合、確かに被害額は8万円ですけど
そもそも、無料のメルマガ登録してもらうだけで
1000円っていうありえないオファーだったらか
ものすごく稼ぎやすかったわけです。


実質的にかかった労力って全然無いんですよ
ブログをなん記事か書いただけじゃなかったかなぁ?
時間にすると5時間くらいです。

んで、8万円是が非でも取り戻すぞ!!
やってやるぞ!!
成敗するぞ!!
ってなったら、いったい何時間費やすやら・・・


時間だけならまだしも。
気持ちも穏やかじゃないし。
マイナスのエネルギーが多い

だったら忘れるほうが健全だし
生産的だし
合理的だな

という判断で、ナッツアフィリエイトに関しては
一切忘れることにしました。


仮に8万円もらうのに50時間かかったとしたら
時給って1600円ですよ。

僕のネットビジネスの時給は1万円超えてるんで
はっきり行ってそっちの方が大損です。



無料オファーで振り込まれない未払い、など
詐欺的な被害を受けた時の対応策は
僕は天秤にかけてみることだと思います。


感情が邪魔をして冷静な判断ができないかもしれませんが
そこは、ちょっとだけ我慢して、客観的に分析してみましょう。



大抵は忘れる方が生産的だと思います。


過去にこんなこともありましたが
↓↓↓↓
みんてぃあ(新田)さんのお弟子さんから受けた、詐欺的?被害の話と、金持ち喧嘩せずの本質


この時も、天秤にかけてさっさと忘れました。
20万円だったと思います。



PS

大切なのは、やっぱり眼力を磨くことだと思います。
よく、詐欺商材とまともな商材の見分け方を聞かれますが。

一番いいのはセールスページをよく読んで
自分なりに売り手側の思惑を考察することです。


これ結構良いトレーニングになりますよ。
続けることで、ビジネス的な視点や
今、旬のキーワードなんかも拾えますし
業界の動向なんかも知ることができます。


僕も、新しい商材が出るたびにセールスページ読み込んで
勉強の為、アウトプットの為にレビュー記事書いています。

 お勧め商材★★★★★
僕にとって無くてはならない商材


あれば便利な商材★★★★☆
実際買ったものの中で、役に立ったもの
セールスページを見て欲しいと思ったもの


無くても問題ない商材★★★☆☆
セールスページを見て欲しいと思わなかったもの



ちなみに、僕がこれまでレビューしたものの中で
かなり酷い部類に入る商材です
ある意味笑えますよww
↓↓↓↓

http://k974036.blog3.fc2.com/blog-entry-30.html

http://k974036.blog3.fc2.com/blog-entry-29.html